最近アフターコロナって聞くけど、どういう意味なの?

未分類

緊急事態宣言が解除される少し前あたりから、アフターコロナという言葉を耳にすることが多くなったのではないでしょうか。

この言葉を聞くことはあっても、あまり意味がわからない方も多いのではないかと思います。

また、結局どのように世界が変わっていくの?と気になったので、調べてみました。

気になる方は是非参考にしてみて下さい。

そもそもアフターコロナって何?

アフターコロナとは、その言葉の通り、コロナウイルスが終息した後の世界のことを差します。

ご存じの通り、現状はコロナウイルスがいつ終息するか、全く分かっていません。

コロナウイルスの終息自体に定義が明確にあるわけではないですが、ワクチンができ、一般普及したタイミングのことを差すと言われています。

ワクチンができるまでの期間は、withコロナと言われ、このwithコロナに関してはまた別の機会に紹介します。

・アフターコロナの世界で起こりうる未来。

コロナウイルスが蔓延したことによって、終息後、アフターコロナの世界において、社会は大きく変わると言われています。

どのようなことに変化が大きいのか、今回は2つピックアップして紹介します。

1.ミーティング

緊急事態宣言中、Zoomなどを用いたオンラインミーティングを経験をした人も多かったと思います。

このオンラインでのミーティングが、アフターコロナではスタンダードになるといわれています。

社内でのミーティングはもちろん、顧客とのミーティングも全てオンラインで行うようになるでしょう。

営業活動なども含め、対面で人に会うことは、今後どんどん減っていき、仕事の効率が高まっていくでしょう。

また、ミーティングがオンラインになることにより、ミーティング時間が短縮できます。

さらに、移動時間も関係なく、すぐ始められることから、朝に顧客とミーティングをし、準備をして、夕方に再度ミーティングをするということも可能になります。

このように、ミーティングの方法を始め、ミーティングの概念などから再定義される可能性が高いでしょう。

2.企業体制

今年は、緊急事態宣言中だったこともあり、入社式がリモートで行う企業も多くありましたね。

さらに、入社後の研修もリモートで行い、出社をしない新入社員も多かったと思います。

今後は、このような研修なども全てリモートで行うことが増えるはずです。

今回の期間において、リモートワークを許容する企業と許容しない企業とで分かれましたが、今後はリモートワークを許容するかどうかが新卒や中途の採用にも影響するするでしょう。

徐々に、「週3日リモートOK」や「フルリモートOK」という記載が増えてきています。

何かが起きた時だけでなく、デフォルトでリモートを許容していないと、いい人材の採用が難しくなると言われています。

また、リモートワークを許容することにより、大きなオフィスを構える必要が無くなるため、会社としては固定費を削減することができます。

削減できた分は、社員に還元をすれば、社員満足度も高くなるでしょう。

このように、企業としては、社員の働き方やオフィスに関してはもちろん、福利厚生の形なども変えていく必要が出てくるでしょう。

私生活にも影響が大きく出るはず。

アフターコロナによって、仕事面での影響が大きく出ていくだろうと言われていますが、私生活にも大きな影響が出るはずです。

今回の自粛期間中に、デリバリーサービスが広まり、店舗側も消費者側も利用者が結構増え、外食よりもデリバリーを利用する人が今後も増えるでしょう。

また、リモートワークにより、家で仕事をする人が増えるため、プライベートと仕事の切り替えが難しくなっていく可能性があります。

その結果、ストレスが溜まり、精神的な病にかかってしまう人が増えるかもしれません。

仕事面においても、プライベートにおいても状況が大きく変わっていくと予想されているため、様々な角度から準備をしておくといいかもしれませんね。

コメント